緊急のお知らせ

2018年 6月8日

1 標的型攻撃と思われるメールの増加について
 T365にて、個人情報や組織の重要情報を窃取すると思われる標的型攻撃メールの受信が急増しています。
 現在確認できている標的型攻撃メールの特徴は以下の通りです。
 例1:
  「件名」    :写真送付の件
  「添付ファイル」:****_写真.xls (****は数字)
 例2:
  「件名」    :請書及び請求書のご送付
  「件名」    :RE:請求書XLSについて
  「添付ファイル」:****_サービス(株)様(請求書).xls (****は数字)

少しでも怪しいと思ったメールは、
(1)送り主(送信者)に覚えがない、件名が不自然なメールは開封しない
(2)受信したメールには返信しない
(3)添付ファイルは開かない
(4)本文に記載されているURL はクリックしない(アクセスしない)

2 URL(http://......)が記載されたメールに、ご注意ください。
クラウドメールサービスのログイン画面を偽装したWebサイトに誘導するメールが確認されています。
T365は、クラウドサービスを利用しているため、このようなメールが届く事が十分に予想されます。
以下のようなメールには注意し、不審なメールのURLはクリックしないでください。
「メールボックスがいっぱいです。」や「パスワードの変更が必要です。」といったメールが送られ、本文中のURLをクリックするように案内される。
URLをクリックすると、ログイン名とパスワードを入力するページに遷移する。本学のログインページが模倣されることも考えられます。

伊勢原情報システム課(1号館8階 内線2665)