スパムメールの隔離件数について(報告)


 2005年8月29日(月)より、伊勢原校舎内のメールサーバにおいてスパムメールを隔離する対策を行って参りました。ここで、スパムメールの隔離(回避)件数をご報告いたします。

   対象期間 2005年8月29日(月) 〜 2005年10月19日(水)
合計隔離件数 16,539通
   1日平均    325通

※送信されてきたスパムメールの宛先に複数のメールアドレスが指定されていても、1通としてカウントしております。

以前は、ウィルスメール、スパムメールともに英文によるメールが多かったのですが、最近では日本語によるスパムメールも多く確認されます。

スパムメール内に記述されたリンクをクリックすることで、金融機関を装った偽Webサイトへの誘導によって暗証番号等の入手を試みようとする詐欺行為(フィッシング詐欺)なども確認されております。
利用者の方々におかれましては、メールの受信には引き続き十分にご注意下さい。

以上
総合情報センター 伊勢原情報システム課